不使用取消審判

不使用取消審判について

「使いたい商標を他社が登録しているが、まったく使われていない……」

商標登録したくても、すでに他社に類似の商標を登録されているため受理されない。しかし、その会社はその商標を使用していない……。このような場合に、商標を使用していないことを理由として商標登録を取り消せる手続が「不使用取消審判」です。

商標調査を行った場合や、出願時に審査を行った段階で競合する他者の商標があった場合でも、不使用取消審判を請求することで競合する商標を取り消すことができます。

不使用取消審判を行うケース

ケース1 商標調査を行った結果、使用を予定している商品やサービスの範囲に使用する商標と同じ、もしくは類似の商標が先に登録されていた場合で、その商標を取り消すように求めるとき。
ケース2 商標の出願後、審査の段階で先に他者によって商標登録されていることを理由に拒絶された場合、意見書や補正書の提出と並行して取り消しを請求するとき。
不使用取消審判の成功率

不使用取消審判は、99%以上という高い成功率を持っています。審判を請求する場合は、不使用についてある程度の確信をもった状態であることが多いため、成功率が高いこともうなずけます。

ただし、当然ながら不使用取消が失敗する可能性もあります。請求に失敗した場合、その商標権は存続し続けるため、その商標の権利範囲の使用は侵害行為になることがほとんど。そのため、商標登録をあきらめる覚悟が必要です。

PICK UP 不使用取消審判の成不使用取消審判なら「商標問題お悩み解決Web」へ功率

不使用取消審判は成功率が高いものではありますが、確実に成功させるためには十分な調査を行う必要があります。確実に自社の商標登録を行うためにも、不使用取消審判に関することはプロにお任せください。

業界最低水準の料金で 商標問題のお悩みを解消

お申し込みは簡単! わかりやすい流れをご案内

無料相談受付中

このページの先頭へ